ブックブリッジ 笑いとコミュニケーション

講演依頼・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 06-7661-8146

メールでのお問合せの場合は下記のボタンをクリックしてください。

メールでのお問い合わせ

セミナー予約フォームへ

podcast

podcast

サバンナ八木 世界一長続きするダイエット

メンバー

HOME > 活動実績 > 活動詳細

2011年05月12日(木)

本日は、同志社大学経済学部にて 【自己プロデュース力と将来設計】というテーマのもと、 お笑い研修プログラム「漫才ワークショップ」を開催。 実際に経済学部のみなさんに<漫才>を体感していただきました♪

アイスブレークを交え

その後2人1組でコンビを作ってもらい、

事前にこちらで準備した漫才の台本をもとにまずはネタ作り!

初めてみる漫才の台本に、初めてのネタ作り、

そして初めてのネタ合わせにチャレンジしてもらいました。

ネタが完成したコンビは台本を片手に真剣にネタ合わせを開始!

席を外し立ち稽古をはじめ、お互いのテンポ、リズムの確認。

そしていよいよ本番。ネタ披露!

短時間で作られたとは思えない技巧的なものから、コンビの色を十二分に活かした漫才まで、

潜在能力の高さを感じるネタの連続でした。

そして最後のコンビはなんと教授と生徒、息の合った漫才を披露していただきました!

※アンケートには・・・

漫才ワークショップでは、<発想力><表現力><アドリブ力>のスキルアップ、

それに伴うコミュニケーション能力の技術向上、様々なシュチュエーションにおいての

「本番力」が身につくコンテンツになっております。

総括では、

なぜ漫才をしてもらったのか?【漫才】から浮かび上がる【自己プロデュース力と将来設計】について、

パワーポイントを用い詳しくレクチャーさせていただきました。(ネタ作り⇒ネタ合わせ⇒ネタ披露)

この漫才の一連の流れと自己プロデュース力には実はかなり深 結びつきがあるんです!

本日ご参加いただいた同志社大学経済学部みなさん、本当にありがとうございました♪

普段使わない部分の脳を使い、良い刺激になったのではないでしょうか?

本日の講義を通して柔軟な思考力が身についたはずですので、確かな将来設計の良い材料にして下さいね!