ブックブリッジ 笑いとコミュニケーション

講演依頼・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ 06-7661-8146

メールでのお問合せの場合は下記のボタンをクリックしてください。

メールでのお問い合わせ

セミナー予約フォームへ

podcast

podcast

サバンナ八木 世界一長続きするダイエット

メンバー

HOME > 活動実績 > 活動詳細

2010年2月19日

今日は、

『吉本興業 × 同志社大学 京都プロジェクト』

の第一回目です。

そこでのイベント、『よしもと式研修プログラム』の講師として行ってきました。
舞台は、同志社大学 今出川キャンパスの重要文化財にもなっている【クラーク記念館】です。

研修プログラムは、「チームであいうえお作文」「あ・い・う・え・お」の頭文字で文をつなげて、最後の「お」でオチを付ける言葉遊びです。

ということで、

落語家「桂三風」さんをゲストにお迎えし、まずはお手本を見せていただきました。

『あかさたなの何行でもできますよ!』と三風さんが言うと、男子学生から、
「だ行、お願いします!」『だ・・だ行・・ね・・。」と困った三風さんを見て、会場はドッと笑いが起こりました。

しかし、さすがはプロ!即興で答えていただきました。
その後、生徒さん達は、即席チームでネタ作り。

「ど・う・し・し・や」の5文字で、”宝くじが当たった!人の為になる使い道を考えて下さい”というお題。
そして、発表。

Vのカメラマンさんや記者の方、関係者の方々がズラーッと周りを囲むという、普通でも緊張する舞台ですが、さすが、同志社大学!
皆さん積極的にボケていただき、会場の【クラーク記念館】はまさに「笑いの渦」。

いやー僕もやってて楽しかったです。
この「チームであいうえお作文」というのは、もちろん、ただの遊びではないです。
一人一文字ずつ担当し、誰が”フリ担当”なのか、“オチ担当”なのか役割分担を話し合って決めてもらいます。
その時に、お互いのキャラクターやセンスなど見極めて、自己主張したり譲り合ったりする事で、自然とコミュニケ-ションが生まれます。

そして、発表の時は、うまく次の人につないでいかなあかん、という役割と、きれいにつないでくれたことを、オトさなあかんという役割。
それぞれの役割を徹するという事で、自ずとチームワーク力も培われるという事です。
その他にも、アドリブ力や表現力など、たくさんの要素を含んでいます。

この経験によって、新たな自分を発見して、今後、何事にも自信を持ってチャレンジしていただきたいと思います。
同志社大学の皆様、ありがとうございました!